ごあいさつ

みなさん お元気ですか!元気が一番です。 昨日の失敗は忘れましょう!明日のことをくよくよ考えるのもやめましょう!明日の字は日が二つ、月が一つ、とっても明るい日です。いまを元気に!いまを楽しく!笑顔でケセラセラ!いま!この瞬間、悩みも痛みもありません。あるのは「空」です。「無」です。「風」です。「水」です。「雲」です。いまから何色にも、なんにでも変えられます。そのためにも、私たちは「汗出し」「知恵出し」「元気を出す」のです。元気な人達が集まる集いが元気フォーラムです。元気のない人も元気な人の顔を見に来て下さい。きっと元気になりますよ!元気にぴーんとして、しゃんとして生きれば、その内にきっと、とんころりと大生涯を終えることができます。元気フォーラムは平成11年7月30日の財団法人中国地域ニュービジネス協議会の「元気商塾」が始まりです。平成15年1月17日まで約4年間継続した元気商塾が閉塾し、塾生の有志が集まり、再開し、平成22年7月88回の会合を1度の休みもなく続けられ、延べ131回のセミナー、延べ参加人員約5000名を超え、途中中国経済産業局シニア人材活用委員会に参加されたNPO新産業技術者協会の呉倶楽部の皆さんと一体化し、現在も元気に活動中であり、12年続いているアクティブな元気フォーラムです。 元気フォーラムとは  ○私達日本人は、美しい日本列島に暮らし、日本語を話せば誰でも日本人になれる。皮膚の色は白でも黒でも黄色でもかまわない。日本語を話し、日本食を食べ、日本文化を愛し、そしてこの美しい日本列島に住み続ければ、誰でも日本人になれる。

○自然と共生する国、皆殺しのなかった国、人々が慈しみあいながら、助け合いながら1万年以上にわたって自然と共生した文化と共通の言葉を維持してきた。その心優しい日本人の国が今、元気がなく漂流し始めました。 ○日本人とは、人を信じ、自然を信じ、自らを慎み、世の為、人の為に働くことが最高美徳であった。

○私たちは日本文化の伝統と日本人の心に立脚した生活を取り戻し、美しい日本列島を子々孫々まで守り、維持することを語り合います。 ○他人の幸せを考えながら、「利他の心」と「慈悲の心」を見失うことなく元気に生きることを語り合います。

○美しさに感動し、美しい心、美しくなりたいためには元気でないと実現しません。「いま」を元気で生きることです。

○生涯現役、生涯青春、生涯学習、生涯新人をめざします。

○ぴんぴん、しゃんしゃん、とんころりをめざします。

○汗出し、知恵出し、元気出し、世の為、人の為に役立ちます。

○志しを同じくする人達の集い、語り合い(フォーラム)の場所が元気フォーラムです。

○みなさんと仲良くなる倶楽部です。

講師の役割

10数年、広島・呉・NBC合わせて講演数は200回を超えました。 ここで私が講師としてしゃべっている役割について考えてみました。 「講師」とは仏法としての用語で「講」の「師」であります。「講」とは学徒が集って経典や経典の論釈を講読したり、「徳」や「道」を講義したり仏法研究の衆会でありました。 この世に生をうけたものの普遍的な問は、私はどこから来たのか、何ものであるか、私はどこに行くのかに尽きます。「我」を明らかにしようとする集会が「講」であります。「講師」はもと国師と称し、文武天皇の時諸国に国師が任命されたのが始まりで、その後、講師と改称されました。要するに、「生きる」ということを明らかにしようと人の寄る場が「講」であった。「生き方」「いのち」の真実を求めて議を論ずるとき、相手を「講師」と敬った。あらゆる講の場は目先の利益にとどまらず、永遠に変わらない「道」や「徳」をこれからも時の流れに乗じてしゃべり続け、我の修身の場にしたいと思っております。

名称未設定-1

コンテンツ一覧

カテゴリー一覧